革職人

革職人の技に憧れて

自分が大人になってきたかな、と実感できると、
革職人に作ってもらった革小物を持ちたい、
と思うようになるのかもしれません。

 

 

実際、革職人によってつくられた本物のレザークラフトというのは、
大量生産のレザーグッズとはまるで違います。
細かいところまで手をかけられていたりします。

 

 

しっかり縫製されているので、耐久性も全然違います。
大量生産は、大量廃棄されることを前提に作られているので、耐久性は二の次です。
またデザインも、なおざりだったりします。

 

 

 

すぐに捨てられてしまうものなのに、
何十年経っても通用するようなデザインを考える必要はありませんよね。
若い時には、安価な大量生産の商品でも満足できたりするのですが、
自分に自信が出てくると、そういうものでは満足できなくなります。

 

 

だから成功している男性は、みんな本革の長財布を使うのでしょうか??

 

 

持っているだけで自分のステイタスを上げてくれるような
レザーアクセサリーを持ちたいと思うようになってきます。 

 

 

 

そんなニーズを満たしてくれるのが、
クラフトシップマン溢れる革小物を販売するブランドです。
熟練職人によって、1点1点丁寧に作られています。
だから、ディテールまで気を配られているのです。

 

 

 

素材も最高級のものが使われているので、
その意味でも満足感が高いはずです。
たとえば、イタリアンレザーと言えば、
高級革の代表ですが、イタリアンレザーが採用されているところが多いですね。

 

 

イタリアでは、素材と染料が違うので、日本では出せない味があります。
そんな素材を、ものづくりの凄さ・緻密さで知られた
日本の熟練 革職人がレザーグッズとして仕上げます。

 

 

そりゃあ 素晴らしい革製品ができあがるのも納得です♪


お笑いの種類